快適だけが取り柄じゃない!タウンユースもばっちり!都会派「マウンテンブーツ」ブランドランキング

アウトドアシューズといえば・・・

アウトドアといえば、まず思い浮かぶのが「マウンテンブーツ」です。標高数千メートル以上の山を登ることを前提に作られているマウンテンブーツは、どんなアウトドアシーンにもあてはまります。でも、「いくら万能でも登山用に作られている靴なんてダサいんじゃないの?」というような声が聞こえてきそうです。

いいえ。決してそんなことはありません。キャンプでも使えてバーベキューでも使える、そして、代官山でも使える、そんなアイテムを取り扱うブランドを紹介していきます。

1位 パラブーツ

 www.beamsshopblog


www.beamsshopblog

  • 革の品質:
  • 防  水:
  • デザイン:
  • 価  格:

パラブーツとは、1908年にフランスでレミー・リシャールポンヴェールにより設立されたフレンチブランドのシューメーカーです。このブランドの特徴は、なんといってもソール用のラバーを自社生産しているところです。世界でも、ソールまで自社で一貫生産しているのはパラブーツくらいです。

近年では、最高クラスの革を用いたフランステイストのビジネスシューズが大変人気で、「シャンボード」や「ミカエル」といったドレスラインモデルは聞いたことがある人も多いはずです。

そんなパラブーツにおいて、ブランドを代表する名品とささやかれているモデルあります。それが、マウンテンブーツタイプの「AVORIAZ」です。私が、ブーツを好きなったきっかけでもあり、初めての富士登山で相棒として活躍してくれた思い入れのある逸品です。

www.doo-bop.com

www.doo-bop.com

パラブーツは、フランスのブランドだけあり、ビジネスからアウトドアまで様々なシーンで足元を彩ってくれるナイスなブランドです。ブーツは特性上どうしても価格は高くなりがちですが、ブランドとしての価格レンジは40,000円~80,000円程度で購入することができます。

2位 ダナー

item.rakuten.co.jp

item.rakuten.co.jp

  • 革の品質:
  • 防  水:
  • デザイン:
  • 価  格:

マウンテンブーツ市場において、もっとも有名なブランドといっても過言ではないのがダナーです。1932年にアメリカのオレゴン州ポートランドで誕生したブランドで、ある時は郵便局員の足を守り、ある時は消防士の足を守り、そしてある時はハンターの足を守り、アメリカの文化とは切っても切り離せない歴史を辿ってきました。

1952年には、アメリカではじめてビブラムソールを採用し、1982年には、世界で初めてブーツに完全防水素材であるゴアテックスを取り入れました。

そんな、ダナーにおいて最も支持されているモデルがゴアテックスを取り入れたダナーライトです。1982年の発売以来、実に30年以上も愛され続けているモデルです。一見すると、本当にお洒落なのか?という疑問を抱く外観をしていますが、ゴアテックスを用いたアッパーやソールに採用したビブラムソールなど、これ以上ないこだわりを取り入れた武骨ないでたちは、アメカジスタイルとこれ以上ないくらいの適正を発揮します。

hopesmore.net

hopesmore.net

価格帯ついては、20,000円~50,000円で購入しやすい価格帯となっています。

3位 マルモラーダ

blog.bekku-homme.com

blog.bekku-homme.com

  • 革の品質:
  • 防  水:
  • デザイン:
  • 価  格:

1890年創業のイタリア・ベネト州に本拠を構える「F.lli Giacometti」のスペシャリティブランド。 「マルモラーダ(MARMOLADA)」というブランド名は使用しているラスト(木型)の名前からきている。

このブランドの特徴は、最高品質のドレスシューズに使用されている名門タンナーの超高級革を惜しげもなく使い、登山靴の製法で知られるノルベージェ製法で仕上げていることです。仕上げにも、コロラートと呼ばれる手作業によるアンティーク仕上げを行うなど、随所に究極のこだわりがちりばめられています。

sumally.com

sumally.com

価格帯は、100,000円~と高価格ですが、それでもブーツファンを魅了してやまない銘品です。