デザインが良くて、しかも機能的!秀逸「スニーカーブランド」ランキング

機能性?それともデザイン性?

機能性をとるか?それともデザイン性をとるか?というトレードオフの選択は、スニーカー選びにおいて必ず付きまとう命題です。「タウンユースを目的に買うから、デザインが良いものにしよう」とか「アウトドアで使うから機能性を重視しよう」といった声もよく耳にすると思います。

A さん
 機能性とデザイン性、この2つは本当に相容れないものなのか? 

答えはノーです。実は、機能性にもデザイン性にも優れたスニーカーのブランドは存在しています。ここでは、「機能性」「デザイン性」「価格」という3つの切り口で、スニーカーブランドのランキングを紹介します。

1位 ニューバランス

logomarkmania.seesaa.net

logomarkmania.seesaa.net

  • 機 能 性:
  • デザイン:
  • 価  格:

そうです。言わずと知れたあのスニーカーブランドです。タレントの所じょーじさんが愛用していることも有名です。あまり知られていませんが、実はアップルの創業者であるスティーブ・ジョブス氏も愛用していました。

ニューバランスは、もともと1906年にインソールのメーカーとして創業したため、その履き心地は今でも最高の履き心地で知られています。その後、ランニングシューズやアウトドア用のシューズ等の製造を始め今に至ります。

そんなニューバランスの大きな特徴の一つは、アメリカ産またイギリス産の正規ラインと中国製の廉価版の棲み分けがはっきりとできているところにあります。特に、UKシリーズやUSAシリーズのラインについては、機能性もさることながら、デザイン性についても普遍的で非常に秀逸なものとなっています。

matome.naver

matome.naver

廉価版のスニーカーについても決して悪い製品ではなく、正規ラインの4分の1程度の価格で買えることもあり、様々な世代からの支持を得ています。

価格帯は、正規ラインが15,000円から25,000円程度、廉価版が5000円~10,000円程度となっています。

2位 『にゅ』バランス

youpouch.com

youpouch.com

  • 機 能 性:
  • デザイン:
  • 価  格:

ニューバランスを眺めていた所さんが、「ニュー(New)」じゃなくて「にゅ」でもいいんじゃない?ということで、生まれた逸品です。製造しているのは、もともとオーダーシューズを専門に制作しているサンガッチョという会社です。写真を見ていただいてわかると思いますが、ニューバランスの定番モデルがとてもかわいらしいルックスに変貌しています。

aaac.asia01

aaac.asia01

機能面についても、ニューバランスの正規ラインそのもので、とても良い履き心地です。

価格帯は少し高めで、20,000円~30,000円といったところです。

おすすめ商品

「にゅ」バランス ブラウン

¥ 26,980(税込み)

「にゅ」バランス グリーン

¥ 26,980(税込み)

「にゅ」バランス 銀

¥ 26,980(税込み)

3位 Y-3(adidas by Yohji Yamamoto)

a4604f880d42e81be4460083c8e4ae84

a4604f880d42e81be4460083c8e4ae84

  • 機 能 性:
  • デザイン:
  • 価  格:

Y-3は、2001年にアディダスのデザインをファッションデザイナーの山本耀司氏が手掛けたことで生まれたブランドです。「3」はadidasのトレードマークである三本線を表しており、「ー」はその両者を結ぶものを表しています。今でこそ、スポーツブランドとファッションブランドのコラボレーションは多くなっていますが、Y-3はその礎をつくったといっても過言ではない伝説的なブランドです。

芸能人にもファンが多く、スポーツバラエティ系のテレビ番組で目にしたことがる方も多いと思います。

機能的にも、アディダスのシューズラインをベースにアディダスの技術で製造しているため、トップクラスの機能性を持っているといえます。

価格帯は、20,000円から50,000円程度で高価格ですが、それでも根強い人気を誇っています。