靴好きには当たり前!足元の装いを完成させるおしゃれ「くつした」ブランドランキング

No Socks No Shoes

足元のおしゃれを考えたとき、まず思い浮かぶのは靴やサンダルといったフットウェアだと思います。しかし、実はそれと同じくらい重要なのが「くつした」です。

椅子に座って足を組んでいる時、階段を上る時、ダブルに裾上げしたスラックスを履いている時等々、様々なシーンにおいて靴下は装いにおけるひとつの重要な要素となります。

また、靴下にこだわることの大きなメリットは、あまりお金をかけずに装いを格上げしてくれるところです。新しくちょっと良い靴を買おうと思えば、30,000円以上することも珍しくありません。しかし、新しい靴下を買おうと思えば、高くても2,000円もあれば十分です。2,000円でコーディネートの底上げをすることができるのです。

そんな靴下を取り扱うブランドを、「デザイン」「価格」といった切り口から、以下で紹介しています。

1位 ハッピーソックス(Happy Socks)

item.rakuten.co.jp

item.rakuten.co.jp

  • デザイン:
  • 価  格:
  • ポップさ:

ハッピーソックスはグラフィックデザイナーのヴィクター・テルと広告マンのミカエル・ソーデリンによって、2008年にスウェーデンで立ち上げられたブランドです。

ハッピーソックスの特徴は、なんといっても「カラフルでポップ」、この一言に尽きます。ブランド名の通り、見ているだけでハッピー(幸せ)を感じられるようなアイテムとなっています。

www.rinkydink.jp

www.rinkydink.jp

ロールアップして大胆に靴下を見せるもよし、ダブルのスラックスと革靴の隙間からチラッと見せるもよし、のマルチな靴下です。

また、最近ではアスリートラインも発表され、趣味のスポーツの装いも花を添えてくれます。

価格については、1,000円から2,000円程度で気軽に購入できる価格帯となっています。

2位 アンティパスト(ANTIPAST)

LEN-OFFICIAL-BLOG

LEN-OFFICIAL-BLOG

  • デザイン:
  • 価  格:
  • 紳士向き:

1992年に「ジヌシ ジュンコ」と「カトウ キョウコ」ふたりの日本人デザイナーによって立ち上げられたブランド。ブランド名であるアンティパスト(ANTIPAST)の由来は、イタリア語の「前菜(ANTIPAST)」からきており、「メインデッシュを洋服とすると、小物は洋服をより素敵に着こなすための前菜」という想いの元名づけられました。

デザインについては、シックで落ち着いたものも多く、世界中の紳士に大変人気なアイテムが揃っています

blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

価格帯は1,000円~3,000円程度です。

3位 コーギ(Corgi)

loftman.co.jp

loftman.co.jp

  • デザイン:
  • 価  格:
  • 品  質:

コーギ・ホージリー社は1893年に英国サウス・ウェールズで創業したニットメーカーです。現在では、ほとんどのメーカーが機械化を図り、大量生産へ舵を切る中、コーギ・ホージリー社は今でも職人による手作りにこだわり続けています。

価格は、手作りだけあり、3,000円~5,000円程度と少し高く設定されています。

4位 ファルケ(FALKE)

FALKE

FALKE

  • デザイン:
  • 価  格:

1895年にドイツでフランツ・ファルケ氏によって立ち上げられたブランドです。心地良い履き心地が評判で、海外では非常に人気のあるブランドです。日本でも、有名セレクトショップなどでセレクトされていることが多く、すでに愛用しているという方も多いと思います。

5位 ラソックス(rasox)

SHIPS MAG

SHIPS MAG

  • デザイン:
  • 価  格:

ラソックスは、1991年に日本で【自然と共に遊ぶ】というコンセプトのもと誕生したブランドです。直立しているときの足の形に合わせて作った「L字型一体成形編み靴下」で一気に有名になり、丁寧につくりあげられている国産ブランドです。

コメント

  1. ジュゼッペザノッティ Giuseppe Zanotti ハイカット Buckle Leather スニーカー 黒 ブランド:ジュゼッペザノッティ GIUSEPPE ZANOTTI カテゴリー:ハイカットスニーカー レディース 価格:22